IHヒーターにこびりついた汚れはこの方法でキレイになる

ラップを使って汚れをさくさく落とす!

こびりついた汚れは、ついついクレンザーや硬いヘラで削ぎ落とそうと考えてしまいがち。しかし、ここは落ち着いて対処しましょう。

まず試すべきはラップです。そう、レンジで温めるときや保存するときに使うあのラップです。ラップの厚さにもよりますが、50〜80cmほど引き出し軽く丸めます。そしてIHヒーターの汚れた面にアルカリ電解水を吹きかけ5分ほど放置します。そこに先ほど丸めたラップをスポンジの代わりに使います。
ただ、この時は最後に濡れたフキンでトッププレートを拭き取ってください。浮いた汚れを拭き取る必要があるからです。

ラップを使う理由ですが、アルカリ電解水がフキンやスポンジに吸収されることなく作用することと、適度な摩擦が得られるからです。アルミ箔を丸めて使うことを勧めている方もいらっしゃいますが、トッププレートのガラスを傷つける場合がありますので避けましょう。クレンザーやヘラも同様です。

長年の汚れには時間かけて浮かせて除去

上記の方法で取りきれない汚れには5〜8時間ほどつけ置きします。まず、原液〜5倍程度に希釈した濃い目のアルカリ電解水をたっぷりスプレーしてください。トッププレート全体に吹き掛ける場合は周囲をタオルなどで覆うと躊躇なく吹き掛けられます。スプレーする時は換気とマスクもしてくださいね。

その上から乾燥しないようにラップを丁寧に掛けて、そのまま放置してください。夜、寝る前にスプレーして起きて拭き取る時間があれば、それは好都合です。日中より乾燥しにくいからです。

放置したあと、手荒れ防止の手袋をした上でラップを丸めてスポンジ代わりに使います。そのときにあらためてアルカリ電解水(10倍希釈でも構いません)をスプレーして擦ります。必要であればメラミンスポンジも使ってみてください。

最後に濡れたフキンで拭き取って完了です。なお、覆ったラップの中が乾燥していたら時間の置きすぎです。短くしてくださいね。


▲ TOPへ戻る